東遊雑記「東遊雑記」稿本について

江戸紀行の代表作

岡山の郷土史家古川古松軒が、幕府の巡見使に従って東北地方を経由して、蝦夷の松前に赴いた際の紀行「東遊雑記」は、単身九州を旅した「西遊雑記」とともに「東西遊雑記」と称され、橘南谿「東西遊記」とともに、江戸紀行の代表作である。

江戸時代の紀行と言えば松尾芭蕉の「おくのほそ道」が有名すぎるが、これは著名度が突出しすぎていて、同時代には他にろくな紀行はないかのように思われがちだ。研究史の上でも、そう言われていた時期が長かった。

これはまちがいで、実際には二千五百を超えるだろうと思われる多くの紀行が江戸時代には書かれており、その中には「おくのほそ道」にひけをとらない、すぐれた大作や名作も多い。だがその多くは評価を受ける機会さえなく、ひっそりと今もまだ、各地の文庫や図書館に眠っている。

私が江戸紀行の研究を始めた五十年ほど前に、それでも江戸紀行の代表作として、「おくのほそ道」についでとりあげられることが多く、専門分野では比較的知る人も多かったのが、古松軒と南谿のこの二作だった。後者は出版されて江戸時代にも広く読まれている。前者は写本で流布し、後者ほどではないが、やはりよく読まれたことは、全国に現存するおそらく百点あまり残っている写本からも察しがつく。

江戸時代、幕府は出版物を厳しく取り締まったが、それは出版された本が対象で、写本で流布する分にはまったくおとがめがなかった。古松軒のこの紀行は藩の内情などにも触れており、忌憚ない批判も多いので出版されることなく写本で読まれたのだろう。江戸時代の読者は貸本屋を多く利用したのだが、その貸本屋が所有していたと思われる、一見出版された板本と区別がつかないほど、美しく清書された写本も多く見た。この本は多くの挿絵を有するのだが、ほとんどの写本が、その絵図もていねいに写して伝えている。

諸本の系統はほぼ三つ

私はこの中の六十点ほどの写本を実際に見て、その系統が(東北地方の部分を省略しているものなど)おおむね三つに分かれることを知った。そのことを論文にし、新書にも書いた。

だが、そこにも記したことだが、その三つの系統のどれにもあてはまらない写本が二つあった。一つは部分的にそうだが、もう一つは完全に全体がまったく別のものだった。内容は同一なのだが、表現や構成が異なる。しかもこちらの方が、よりなめらかで自然な紀行の体裁である。

おそらくこれは、後に流布して現在多くの写本で残る「東遊雑記」の原型をとどめる稿本であろう。
この本は東京大学附属図書館の南葵文庫が所蔵する。

私は、この本の資料としての重要性を指摘した後、許可を得て翻刻紹介しようと思っていたが、ついそのままになって長い月日が流れてしまった。今では、その私の論文さえもが、あまり見られる機会もなく、この文学史上かなり重要な事実が下手すると闇に埋もれてしまいそうだ。

どなたかに引き継ぎたい

「東遊雑記」は最初に述べたように、「おくのほそ道」ほど有名ではないものの、江戸紀行の中では優遇されている。帝国文庫紀行文集や東洋文庫や日本庶民史料生活集成など、江戸紀行を紹介する全集には必ずと言っていいほど収録される。
だがそれは、いずれもいわゆる流布本であって、この稿本ではない。

かつて恩師の中野三敏先生は、「君の論文の指摘通りなら、少なくとも史料集成などは、南葵文庫を底本にするべきだった」と私に言われた。その言葉の意味する重さを充分に受けとめないまま、私はこの本の紹介を放置しつづけてしまった。

今や人生の残り時間も少なくなって、他の仕事も山積みの中、せめてこの仕事はどなたかに引き継いでいただければと願っている。せめて、もう一度、この本の所在だけでも、多くの人に知ってほしい。ついでにはなはださしでがましいことを言えば、東京大学はぜひあの本をさしあたり貴重書扱いにしてほしい。

論文を書いたとき、すなわち五十年前だが、一応ざっと作った手書きの翻刻はある。チェックしないと使えたものではないが、冒頭の部分だけでも少し紹介しておきたい。

なお、踊り字(くりかえし記号)は「<」で示している。

南葵文庫本「東遊雑記」翻刻

無釣餌不能以獲魚。不知文不能以読書。世之所欲富貴利達。予之所安窮居談泊志。既与人異好亦殊趣。予之有川(ママ)之癖已入膏肓。足跡殆将周於六十之州。而猶且不能止。今茲戊申孟将東游奥羽探奇。於松前蝦夷夫路有易隠随記。而後峻嶺之峯々冥海之浩之総為予之嚢中之物。其楽可知己。嗚呼世人罵予呼狂。亦可晒予名痴。亦可漫哉游哉。聊以卒歳。

于時天明八戊申孟夏

目出度御代のならひとて、おふきみの命を承り給ひ、はるけきみちのくの末、羽を出せるとよみし遠つ空、蝦夷の千しま、松前のはてまでも見めり(ママ)給ふ、何がし君の御めぐみ、浅かの山の浅からざりし御ちぎりや有りて、御供に召されつゝ、またしら川の関越へて、千賀のしほがまなからぬ雄しま松しま、きさがたの名所<を詠めなば、とし比の望もはれ、かれ<なる老木の再び花咲、やよひの空、飛鳥も取つべき心ちして、自勝堂旅立侍とてよめる、
  飛鳥も何か及ばじ旅衣雲路はるかにかよふ心は
御発駕御延引有て、やふ<さつき六日に東都出立して千寿御休也。此日は朝六ツ過迄雨強く降しに、五時より能日和に成りし也。
千住の大橋也浜御殿より船に乗れば便也。海船入ると見へたり。隅田川の源也。僅に一里にたらず。千寿は娼(にんべん)家の数多ある所也。古しへ平の重衡の愛せし千寿の前と書ひし白拍子は、此所の産といふ。詳ならず。
此日仙台侯御下向の御行列を一見せしに、美々舗見え侍し也。都而の印朱にて九曜をゑかきして赤印也。鉄砲袋は黒の羅紗にて、鉄砲持は羽識(ママ)を上下の如くに肩の立ツ様に仕立し物也。越谷へ暮前着。此所は水沢迄はつゞきし町にて、廿余町迄街道筋の在郷、何れも草屋にて見苦しき家造りにて豪家更になし。広大の平地にて、北に築波山、西に日光山、晴天には遥に見える也。月の出るべき山もなしとよみし、此所なるべし。江戸には小キ山は数々あれば、歌によみし武蔵野は江戸よりの千寿より此辺ならんとおもほゆる也。此街道筋は奥羽北越後ゟ江戸往来の街道にて人通りも多し。粕壁。大抵よき町にて娼(にんべん)家も見え侍る也。川有り。古戸根川と称し、凡百五拾年以前に今の戸根川筋へ水を落せしより下総の国を武蔵分とせし事也。古しへは杉戸抔は沼にて有しと云。葛飾郡およそ七八九石斗り武蔵となる也。杉戸ゟ越谷へ四リ半。古へは五リ半といへども半里は戸根川に行、陸五里。
戸根川は水上幾筋となく流レ出て、栗橋の御関所の下ニ而一筋に流る也。大河に見え侍りて、川舟の三百石五百石積の舟、江戸へ往来する事也。川の流凡廿余り有り。流はさして早からず。左右の堤破、土手は已に天明午の夏堤切て、人死幾人と数しられざる程ニ而、だんごほどの石もなし。家造り乏家にてもこと<く土座造りにて村里草屋也。所<の町も三百五百七百軒もあれども、七八割も草葺ニ而見苦しく見らるなり。中田は戸根川渡り上りの貮百斗有。悪しき駅也。古河は七万石土井侯の城下にて、千軒斗の町也。右の両所は下総国にて古河ゟ廿町程も北に国境在候て、夫ゟ下野国ニ而、下総は帯のごとし。細長く入出て有事也。是は戸根川つき替りて、戸根川を以て武蔵下総の界有りとせしによりて右のごとし。此辺は人物不宜。広平地ニ而、道は上方中国筋にもなき、よき道也。ハンノ木といへる木を藪のごとく郷中に植しもの也。杉戸の辺より北に築波山見る。西に日光山見え、南に富士山を見る。所に海魚不自由にて、鯉鯰うなぎは沢山ニ而、味ひ佳也。戸根川いかゞの事にや鮎ますの魚なく、なまづの大イ成多し。宿<に兎角遊女見へ侍る也。色情深き国なるや。間々田の駅御休。此所長キ町にて娼(人偏)家数多有り。大なる家造りなれども皆<茅屋也。瓦なき所なるや。街道は並木しげく日影を覆ひ能道なり。左右岡にて此間<小田もあり畑もあり深林いふ斗なく檜の木榎木松杉の良材見え侍る也。従一人老人の身にて若き人々と打交り歩行せし事、何となく物哀れにや侍らんとおもひ、
  夏山に哀を見せり枯木哉
扨此辺にさして豪と見ゆる家なし。農業も上方筋とは違ひ鍬など風土に異なり。
 (図あり)柄と鍬と長さ同じ。凡二尺五寸余。
  此間五寸余。
八日。宇都の宮御日暮て漸夜の五ツに着せり。此次(ママ)は殊(ママ)のふ古き所にて宇津の宮公綱出生の地といへり。明神有り。正一位勲一等慈間明神とて勧請の開基千有余年。俵藤太秀郷奉納の甲冑の有りしに、近き年の大火に焼火(ママ)せりと云々。しめじが原のさしもぐさとよみしは当所の名所にて近郷にも同名あり。此所の土人は爰は下野の国なりといへり。神君会津御陣の時 神君答(ママ)山に御陣を寄せられ、
将軍台廟は此所迄は御進発ありし時に石田三成むほんのはべるに依て、是ゟ軍をかへし給ふといふ也。又本多上総介悪逆の事ありて世人のよく知る事にて今以二の丸に其時工みし堀の跡少し残り有りと云。城は甚広き城にして本丸は凹にて土人穴城と称す。二の丸三の丸は凸にて、本丸には館矢倉も今はなし。町は対外七日町の間四十六丁有〔八丁ともいふ〕。市中は大抵ニ而今は大に衰へて見苦敷町多く、茶屋造り七分位に見え侍るなり。町人に植木何某とて上様へ御目見之家有りて時斗蝋燭を献ぜる家也。 神君の御時ゟ献上せる古例にて蝋燭の夜の時刻を割付て風なき所に燈せば百本とぼしても時の狂ひなしと土人のものがたり也。何分にも当国は人の鮮き国にて平地の深林幾里もつゞき竹木ボウ<としげりて開発せば何万石不可斗。田にはならず畑かたのみと見ゆる也。地理の好事あらば水も引入るゝ工夫も有べきや。纔(ママ)往来の道より見渡して、そのかぎりを知らず。尽田より宇都宮へは、北へ<と行事にて弓手に日光山見え凡八九里径道は六り斗に見えるなり。中禅寺の山は高く日光山は低し。夫より西は山つゞきにて限り見へず。馬手のかたには築波山見え、往来ゟ径道は五六里に見えるなれども十三里斗ありて、右の道法は宮津宮ゟも行様にて宇都宮よりは径道遠くなる也。扨此辺の深林には鹿うさぎ至て多く民家難義せる事也。左右の見渡しには村里もなく、只ぼう<とせし野原也。宿々に寺院も見え侍る事なし。皆<草葺の堂塔なり。
此夜は宝蔵院と云天台宗の寺に止宿。東叡山の末寺也。是ゟ江戸へ廿八里。
九日。雀の宮ゟ宇都の宮迄の道は左右の並木、松杉の大樹甚繁茂し、小雨などには笠なくても濡れずし(ママ)いふ。扨宇津の宮辺には白石至て和らかなるありて、土倉或は堂塔小社、或は石燈籠、右にて造る事也。上方筋にはなき石也。宇津の宮を五ツに発足。是よりは道もよからず。ころ<せし小石数多有りて並木もちぎれ<に有る也。白沢。宇津の宮。白沢悪敷駅ニ而潰れ家も見えて貧家数多也。宿ゟ十町斗出て川有り。白沢川と云。舟渡し也。夫ゟ五丁北にアクズ川あり。是も舟渡しにて
白沢川ゟ大ひなり。次第<に人物言語少し宛劣りて見える也。白沢より氏家へ。
氏家より喜連川、弥次郎坂と南に喜連川侯領分の標木あり。
Twitter Facebook
カツジ猫