1. TOP
  2. 岬のたき火
  3. ミーハー精神
  4. 「水の王子」通信(107)

「水の王子」通信(107)

(これまでのあらすじ)

ナカツクニの村が崩壊したとき、地下のがれきの下で、オオクニヌシは元盗賊の若者タカヒコネが、自分の息子タケミナカタを殺したと知っていたこと、そのことで自分がかけた呪いがタカヒコネを死に向かわせていることを後悔していることを告げる。元はスサノオの都の若い王だったが、その後草原で悪の限りをつくし、村に来てからはオオクニヌシと村を苦しめる若者キノマタたちを防いで、村のためにつくしていたタカヒコネは、かつて知り合っていたタケミナカタを殺したと認め、自分はもともとヨモツクニの生物マガツミで、都で人間に改造されたことも教える。アメノウズメの鏡が割れたことで、がれきの山は崩れて彼らは救い出されるが、村の背後にあった山はなくなって、村人たちはタカマガハラの人々の手も借りて、村の再建にとりかかる。あー、まるで歌舞伎なみの、ややこしい説明ですね。
以下、本文の始まりです。なお、いろんな個人の独白と、普通の小説部分とが入り混じっています。そのややこしさも、お楽しみを。と、開き直る。

 

「水の王子  山が」第一回

【オオクニヌシの独白】

おいで、と私はあのとき言った。こっちにおいで。
 彼が暗闇の中で、自分がかつてはマガツミで、私の息子をはじめとしたたくさんの人を殺して(それは人間になってからだが)気がついたらこの村に来ていた、と話して、ことばを切ったとき、そのあとに続いたわずかな沈黙の中で、私が口にしたのはそれだ。それ以外に言うことは何もなかった。
 彼が動いて、そばに来た気配がした。手探りでさわった腕も指も氷のように冷たかった。私が上着を脱いで肩にはおらせて包むと、彼が口の中で「こんなことをしてもらう権利は、おれにはありません」とつぶやくのが聞こえた。
 「私も君にこんなことをしてやる資格はあるまい」私は答えた。「おたがいさまだ」
 彼の身体から次第に力が抜け、私が昔、息子によくしていたように、ひざの上に頭を乗せて横たわらせたころには、半分眠っていたようだった。
 がれきが崩れて、まぶしい光がさしたときも、かすかに動いただけで目をさまさなかった。タカマガハラの兵士たちとともにかけつけて来たスセリとスクナビコが私たちを見てうれしそうな声をあげたが、スセリはあとで、「タケミナカタがいるのかと思ったわ」とその時のことを言った。「まるで昔と同じだった」
    ※
 タカマガハラの兵士たちががれきを片づけ、私たちの家を建ててくれる間、村人たちの中を回って私も手伝えることをした。アマテラスには、私の家は後回しでいいから、他の者の住まいを早く作ってくれるよう頼み、彼女はそれを受け入れてくれた。コノハナサクヤとイワナガヒメとニニギが目覚ましい働きをして、しっかりしているが画一的ではない楽しげに小ぶりな家が、がれきの間に次々に建った。
 医者のヌナカワヒメがほぼ無傷だったのもありがたかった。スクナビコと協力して彼女は洞穴の中に残って無事だった資材や薬を使って、病院を再開し、多くのけが人の治療にあたった。私とスセリも毎日そこを訪れて、他の病人とともに彼の様子も見た。彼はいつもに比べると大人しかったが、青白い顔で冗談を言っては回りを笑わせて元気づけていた。
 都ではいい王だったのではないかと、あらためて感じた。前からときどき、そう思うことがあった。荒々しさやふてぶてしさ、えげつなさとともに、暖かさと弱い者への目配りが骨身にしみついている。それはスサノオが育てたものか、都の三姉妹が作ったのか? またはマガツミの本質の中に、そういう本質もあったりするのか?

新しい家が湖のそばに出来てからほどなく、私たちは彼を洞穴から引き取って、スクナビコと四人で暮らし始めた。まだ暖かだったから、廊下の寝台に寝かせていた。スクナビコは彼の傷は治ると保障し、ヌナカワヒメもよく訪れて二人で手当てをしてくれた。治療は苦しかったはずだが、彼は文句を言わなかったし、声さえあげることがなかった。大丈夫なのかと一度聞くと、ふてぶてしく鼻で笑って平気ですよあれぐらいと言い放った。
 そんな時は不敵な笑顔だったし、食物や飲み物を運ぶ私やスセリにも親しげに笑いかけたが、どこかよそよそしく冷たくなった感じもした。「あたしたちには気を許しているんでしょ」とスセリはのんきだった。「元気なふりをしなくてもいいと思ってるのよ」
 そうかもしれぬが、そうとばかりも見えなかった。彼は幸福そうなのに、悲しげに見えた。身体は回復しているのに、気分は日々に沈んで行くように見えた。

(作者の説明)

そんなある日、オオクニヌシはヌナカワヒメの訪問を受ける。タカヒコネの症状から、その傷がオオクニヌシのかけた呪いのせいとわかっていた彼女は、それを同じ治療にあたるスクナビコに告げる必要があると考えていた。しかし、その前に、スセリにも知らせるべきではないかとも感じていた。オオクニヌシもスセリには話したかったが、タカヒコネ本人から言うまでは黙っていようとも思っていた。二人は悩んだが、結論は出ないまま別れる。その後ヌナカワヒメは結局スクナビコに話し、実はタカヒコネに殺されたスクナビコに化けていた、オオクニヌシの娘シタテルヒメは、それをスセリに告げる。

結局整理すると(笑)、タケミナカタの死について、実はオオクニヌシ一家のすべてが知っているのだが、そのことは母娘二人しか知らない。また、スクナビコの死とその正体については、母娘二人しか知らない。どうなるんですかねこの一家。

Twitter Facebook
カツジ猫